背中が痛い原因と症状>胆石、胆のう炎



胆石は胆管に結石が詰まることで起きる疾患

背中が痛い 胆石は胆管に結石が詰まることで起きる疾患です。

胆石の一つの大きさは胆管より大きいものではありません。しかし、詰まるのは1個や2個の石ではありません。

何と数百個もの胆石が胆管に詰まってしまうので、まさにのたうち回るような激痛が出るのが特徴です。

これを疝痛発作と言います。
sponsored link

胆石の痛みが出る場所

胆石が詰まると胸・背中に痛みが出ます。
場合によっては右の背中の痛みが肩にまで到達することもあります。

胆石の発作が出るのは食後。
急に激しい痛みが出ることで知られています。

この痛みが「鈍痛」である場合は胆のう炎を発症していると思われます。

胆のう炎って?

胆のう炎には2種類あります。
「急性胆のう炎」と「慢性胆のう炎」の二つです。

急性胆のう炎

とても危険な病気です。
急性胆のう炎は胆石のある症状と無い症状に分かれます。


『胆石がある急性胆のう炎』

急性胆のう炎患者の95%はこちらの疾患です。
細菌が関与する症状を併発すると症状は重症化します。


『無石胆のう炎』

やけどや敗血症など重病を患った後に発症することが多い疾患です。
大人だけではなく子供にもこの病気は見られます。

胆のうの破裂や壊疽も見られる非常に重い病気です。


■症状

腹部や右の背中(肩甲骨周辺)に長時間痛みが出ます。
とても耐えられる痛みではないと言われています。
高熱が出る場合も。

慢性胆のう炎

急性胆のう炎から移行します。
症状は急性胆のう炎より穏やかなケースが多く、中には自覚症状が出ない人もいます。

胆石・胆のう炎は病状によってはウイルスや細菌が原因の場合もあるのですが、ほとんどは脂肪分の多い食事やストレスの蓄積が原因によって起こります。

バランスの良い食生活を心がけましょう

胆石・胆のう炎は病状によってはウイルスや細菌が原因の場合もあるのですが、ほとんどは脂肪分の多い食事やストレスの蓄積が原因によって起こります。

外食やこってりした食事、肉類中心の食生活を続けると、胆石や胆のう炎だけではなく様々な生活習慣病も引き起こします。

ですから、少しづつでも魚や野菜を中心としたバランスの良い食生活に変えていくことをおすすめします。
sponsored link

Copyright(C) 2010 背中が痛い原因と症状 Allrights reserved.