背中が痛い原因と症状>腎盂腎炎、腎結石



腎盂腎炎は女性に多い病気

背中が痛い 腎盂腎炎は女性に多い病気で、細菌の影響で腎杯・腎盂・腎臓の髄質が炎症している状態を指します。

糖尿病、免疫力が低下している人、妊婦などは腎盂腎炎の発症リスクが高くなります。
sponsored link

腎盂腎炎の症状

突然発症し、そのおよそ1/3の患者さんに膀胱炎もしくは痛みのある頻尿を起こしています。

また、背中の痛みもあり背中の肋骨部分を軽くたたいただけで強い痛みを感じます。

そのほかには、

・悪寒
・発熱
・血尿
・膿が混じっている尿など

腎盂腎炎は治療をしないまま時間が経過すると敗血症や腎不全を起こす可能性があります。

上記のような自覚症状が少しでも感じられた場合には、内科もしくは泌尿器科をすぐに受診するようにしましょう。

腎結石

腎結石の場合、結石の大きさやある部位によって症状が違います。
腎臓の中に結石がある場合は自覚症状がありません。

このため腎結石を発症していても気づいていないケースが非常に多く、発見されるのは健康診断で、といった方が増えているそうです。

腎結石の症状


★腎臓に結石がある場合

・無症状

★尿道に結石がある場合

・脇腹・背中の痛み
・血尿

腎結石の治療

カルシウムや尿酸が結晶化し、腎臓にたまって結石が出来るのが腎結石です。
4ミリ以下の結石であれば水分を多く摂ったり、薬剤を使用して自然排泄を待ちます。

しかし自然排泄が見られない場合は

「経尿道的尿管結石砕石術」
「経皮的腎砕石術」
「体外衝撃波砕石術」


上記のような手術が検討されます。

腎結石は難産を超えるような激痛がある病気である割に危険性は低い病気です。

病気の予兆を見逃さないことが早期治療のポイントです。
苦しむのは自分なのですから、体調に不調を感じた時点で病院を受診しましょう。
sponsored link

Copyright(C) 2010 背中が痛い原因と症状 Allrights reserved.