背中が痛い原因と症状>左の背中が痛い



40歳を過ぎると背中に痛みが出る?

背中が痛い 40歳を過ぎるあたりから背中などに痛みが出るようになります。

原因は「骨の変化」です。

女性であれば閉経後にエストロゲンという骨を形成する女性ホルモンの分泌が減るので骨粗鬆症を発症するケースも多いのです。
sponsored link

背中の痛みに内臓の病気が関係している場合も

骨が脆くなるので椎間板ヘルニアを発症したり脊柱に変形が起きるようになるのです。

これがよく見られる背部痛の原因なのですが、中には内臓の病気が影響している場合があるのです。

例えば「左の背中が痛い。」
こういった症状はよくあることです。

これが前述したような加齢に起因する痛みや、単なる打撲が原因で起きる背中の痛みではないケースがあるのです。

これを「関連痛」と言います。

関連痛とは?

本当は内臓疾患があって背中に痛みが出ているのに、背中や腰のコリの痛みと混同してしまっている痛みを指します。

どういうことかと言うと、背中や腰のコリの情報と内臓に病変があって発生する痛みの情報は、共に脊髄を経由して脳へ伝えられていきます。

つまり、脳からしてみればそれが背中のコリの情報であるのか、内臓病変の情報なのか判断ができないという状況なのです。

ですから、肩や背中にコリはないのにも関わらず、内臓病変で起きている痛みを単なるコリだと間違って感じてしまう状態・・・これを関連痛と言うのです。

左の背中が痛い原因

★左の背中が痛い原因

・胃潰瘍
・十二指腸潰瘍
急性膵臓炎
慢性膵臓炎

★左の肩から背中にかけての痛み

狭心症
心筋梗塞

背中に痛みが出ることは珍しくありません

中高年を超えてくると、背中やいろんな部位に痛みが出ることなどさほど珍しくはありません。

ですから、体に不調が出ていてもそんなに深刻に受け止める方は少ないようです。

たまに整体に通って、少し良くなった気がしてまた我慢する日々に戻ってしまう・・・
そんなケースがなんと多いことか。

左の背中が痛いこともそうですが、体に起きる異変には実は重大なサインが隠されていることがあるのです。

もし今背中に痛みが出るなどしているのなら、念の為に病院を受診してもいいかもしれません。
sponsored link

Copyright(C) 2010 背中が痛い原因と症状 Allrights reserved.